私たちは皆,その年の気をうけて生まれるものであります。その運気や流れは,年々順に廻っていきますから,善い年と悪い年が出来るのです。
「厄」には苦しい・災い,節という意味があり,厄年にはいろいろな厄に遭う恐れがありますから,忌み慎まねばなりません。人生行路には所々に節があり,現に肉体的・精神的・社会的等々,いろいろな変化による区切りがあります。
 例えば,バイオリズムの最も低下する時期であり,忍耐を必要とする時は,次の発展への充電の時期であり,腰を落ち着けて生き様を反省する時期でもあります。いわゆる,あらかじめ心の準備を促し,心の緊張をチェックさせるための昔人の知恵であると考えます。
当観音登光会では,来る二月三日・四日,正午より夜の七時まで,無病息災・家運繁盛・福寿増長を祈願いたします。
 もし,当会にお越しになれない場合は,申込用紙にご記入の上,それぞれの金額と郵送料三百円も同封ください。古式により御祈祷いたします。
 当会にお越しの方には,お身体の御加持(身体の御祓い)の上,開運豆を差し上げます。

ご家族ご一同様
令和二年 一月 吉日

★星祭り・厄払い申込書【印刷用】


↑上記ファイルを印刷し必要事項をご記入の上、下記までご送付ください。

〒890-0063
鹿児島市鴨池1-11-21
騎射場キクマンション4階A号
観音登光会 長谷川 勉