«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 || Next»
2010/10/08
カテゴリー: アルバム
投稿者: admin

屋久島に行く途中桜島の裏側を写す。





いつも私を親の様に助けてくれる
Vファーレン長崎の久留選手





正月に元Jリーガーが遊びに来た時の写真です。





屋久島 口之島に沈む夕日






2010/10/07
カテゴリー: 長谷川手記
投稿者: admin

 私は食べ物の好き嫌いは殆んどありませんがトマトはつらいです。(少しは食べますが・・・)
小学校へ行く頃,父がいなかったので家にお金が無くて朝,昼,夜の食事はトマトしかありませんでした。子供の私が握ると隠れる位の小さなトマトです。初めに真ん中を“プチー”と噛んで,汁を吸って,後はガブガブと食べました。3個から5個位食べるとお腹がいっぱいになり,心の中では白い米粒を夢に見ていました。
小学校3年生迄は遠足にも行けずに家にいました。
その年,母と尼崎から梅田(大阪)まで初めて電車に乗りました。足にワラジを履いて,本当に嬉しいでした。中学校2年の3学期に母は1500円の学生服を買ってくれました。嬉しいというよりも,母に「生活費は大丈夫だろうか?」と聞いたのを覚えています。母は「心配するな。」と一言言いました。今,考えれば母は強い人でした。
中学3年の時,高校入試がありまして当然の様に友達は入試を受けました。私は入試の試験を受けるのにお金が無くて,1日50円のアルバイトをして受験料を自分で都合しました。私は合格しましたが教科書と手続きするお金が無くて,小さな小さな胸を痛めていましたら,母が泣きながら着物を2枚売りに行ったのを今でも走馬灯の様に,思い出します。その時は解らなくて,母は何故泣くのだろう。僕が高校を合格したから泣いているのかなと思っていました。
今,母が元気でいてくれたら94才,私があの世に行ったら母にぜひ聞きたいです。

2010/10/06
カテゴリー: ダウンロード
投稿者: admin

印刷用画像:ひとを

印刷用画像:良い夢を





印刷用画像
:子供に


せんたく記の印刷方法
①画像を『クリック』-開けます。
②画像の上で『右クリック』-PDメニュー表示
③『画像を名前を付けて保存』デスクトップ等へ保存されますと簡単に開け、印刷出来ます。
(任意に保存したファイルを開き印刷して下さい。)

携帯電話の場合
画像を①『画像を保存』で携帯電話へ保存して下さい。
携帯電話の操作方法は各キャリア・各機種で違いますので、お取扱い方法を各会社別でご確認の上、
②『待ち受け画面へ設定』して下さい。

2010/10/06
カテゴリー: ダウンロード
投稿者: admin

待受け画像1
【イメージ画像ご利用方法】
携帯待受け画像(待受け画面貼り付け手順)
①画像を本体へ保存
②各携帯電話の操作手順にて保存したイメージ画像を待受け画面へ設定して下さい。
 (docomo・Softbank・au KDDI他各携帯電話にて設定操作方法は異なります、詳しくは携帯電話会社の取扱説明書または各社サポートにてお調べ下さい。)

2010/09/29
カテゴリー: 長谷川手記
投稿者: admin

デブ・ラズく~ん愛しているよ!
ネパールから神戸の日本語学校に来てまじめに勉強をしている若者がいます。
以前に書きましたが,パラス君、アンジャン君とは三宮の山手にあるインド料理店で知り合いました。
店の名前はナマステ(こんにちは)と言う意味だそうです。
コックさんとは知り合いだったので話していますと,傍に若者が2人寄って来て私達の話を聞いていました。
最初に書きました様に日本語は難しいので私達と話をしたいと言いました。

 その時私達はヴィセル神戸でマネージャーをしている潟山君とベトナム人のコイ君と3人でした。
それから2回会いまして一緒に食事をしている時,彼等は3人でネパールから日本に来た時,エージェントの人が彼等のお金を持ち逃げしたそうです。
ネパールでは1ヶ月2万円あれば5人家族が充分食べていける額だそうです。彼等にとって7年分のお金をエージェントは持ち逃げしたそうです。
彼等のショックは想像が付きますでしょう?健気に朝5時に起きて働いて,昼は学校に行って,また夜も働いています。

 パラス君とアンジャン君と一緒に食事をしていました。お金が無いので野菜で飢えをしのいでいます。私が神戸に行けばインド料理,ベトナム料理,あとチキンのから揚げ定食と海老の天ぷらをご馳走しています。彼等が美味しそうに食べるのを見ていると胃の無い私まで食が進みます(後で苦しいです)。
ネパールの親に相談したら,「自分で計画を組んだのだからあなたの責任でしょう。自分で考えて生活しなさい。」と言われたそうです。ネパールの親は強いですね。日本の親は何と言うでしょう?

 私はもう1人のネパール人の若者はどうしているのか気になりました。パラス君に紹介を受けたのがデブ・ラズ君です。知り合ったのが8月3日です。デブ君はそれ以来,毎日私の事を心配して「お父さん元気?今日は薬を飲みましたか?」と言って電話してくれます。
先日9月8日の事です。彼等は朝晩働いています。私が「お金も無いから電話しなくても良いよ。」と言いますと,「それ心配ない。お父さんが心配。」と言ってくれます。皆さん,考えて下さい。知り合って翌日から毎日です。先日,夜中に「お父さん疲れたよ~」と電話が来ました。
野菜ばかり食べているデブ君,いつもはキツイ性格をしている私がデブ君の事を考えると切なくウルウル来ました。

1円のお金も大切にするデブ君,彼の夢はお金を貯めて一日でも早くお父さんの住んでいる鹿児島に来る事と早く日本語がうまくなって大学に行く事だそうです。
卒業したらネパールの国のために役立つ事だそうです。良家の息子さんが今,大変な苦労しています。
サイトを読んで下さっている皆さん,デブ君は1円を大切に貯金していますよ。
君達は食べ物を粗末にしていませんか?私に毎日電話して愛とパワーを沢山くれています。
暑いアルバイト先から,クタクタに疲れた時に電話で「お父さん暑いね。体、大丈夫?薬飲んだ?」「僕の事愛してる?」と言います。
彼は23才でとてもハンサムな若者です。「デブ,一番愛してるよ~」明日も元気でねー。サイトを読んで下さっている皆様も愛しています。

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 || Next»